ロービジョンフットサルについて知ろう!2021年1月15日20時から!

【1月15日(金)20時〜 オンラインセミナーのお知らせ】
ロービジョンフットサルを知っていますか?
ブラサカではない、もう一つの視覚障がい者サッカーです。主に弱視の選手で構成される5人制のサッカー(フットサル)。
ブラインドサッカーとは異なり、フィールドプレイヤーはアイマスクを装着せず、ボールは音の出ない通常のフットサルボールを用いるなど、ほぼフットサルと変わらないルールでプレーし、ゴールキーパーは晴眼者または弱視者が務めます。
障がいの程度によって見え方の異なる選手同士がプレーする難しさがありますが、その難しさはチームメイトをよく理解する必要性を生み出し、コミュニケーションの重要性を感じられるスポーツです。
 
今回のセミナーでは、相田美沙希さん(元ロービジョンフットサル日本代表マネージャー)、竹沢茂さん(ロービジョンフットサル日本代表を応援する会本庄支部代表)、ブラインドサッカー日本代表強化指定選手のハジこと寺西一さんのご対談となります。
ゲストお二人はそれぞれ、2020年9月までロービジョンフットサル日本代表チームでマネージャーを務め、現在は日本選手権に向け大会準備にも奔走する相田美沙希さんと、本庄市でおこなう日本代表合宿をボランティアで支えてくださる、ロービジョンフットサル日本代表を応援する会本庄支部代表の竹沢茂さん。
 
なぜ、わざわざ自分の時間を使ってロービジョンフットサルを応援するのか。何がロービジョンフットサルの魅力なのか。
また、ロービジョンフットサル日本選手権の延期を受け、今回のセミナーに我らがCA SOLUA葛飾キャプテンの岩田朋之選手の参加が決定しました!選手自身のお話も聞いていただけるチャンスです!
 
ブラインドサッカーは知っているけどロービジョンフットサルは良く知らない・・・
どうやって見たら面白いの?
などなど、ロービジョンフットサルについて知らない人にこそ、聞いていただきたい内容です!
ご参加、お待ちしております!
お申込はこちらから→https://lvf0115.peatix.com
 
 
【イベント概要】
日時 1月15日(金曜日) 20時~
定員 先着90名
会場 オンライン(ZOOM)

【ゲスト紹介】 
相田美沙希 元ロービジョンフットサル日本代表マネージャー
1998年生まれ、茨城県出身。
順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツマネジメント学科4年。
2019年にロービジョンフットサルと出会う。祖父が全盲だったこともあり視覚障害について興味を持ち、その後ロービジョンフットサル日本代表マネージャーに就任。2019年スペイン大会、トルコ大会に帯同。
高校では女子サッカー部、大学ではフットサルサークルに所属。留学を視野に英語を勉強中。

竹沢茂 ロービジョンフットサル日本代表を応援する会本庄支部代表
埼玉県本庄市出身 
地元本庄で代表合宿が行われ、地元の知り合いから声をかけられたことをきっかけにロービジョンフットサル日本代表のサポートをはじめ、日本代表を応援する会に入会。
代表合宿の際には、選手スタッフの送迎や、事務局として各所との連絡係等を担当。

【MC紹介】 
寺西一 : ハジさん
1990年生まれ、広島県出身。全盲。ブラインドサッカー代表強化指定選手。パペレシアル品川所属。
2003年に筑波大学付属盲学校進学のため単身上京し、ブラインドサッカーと出会う。2010年にブラインドサッカー日本代表に初選出され、同年開催された世界選手権に出場。以降、日本代表強化指定選手として活躍。日本ブラインドサッカー協会が行う子供向け出張授業「スポ育」、企業研修「OFF T!ME Biz」などの講師として活動する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です